シャンプーについて

アトピーの方は、肌のバリア機能が弱い状態なので乾燥しやすくなっているのですが、これは頭皮にも同じことが言えます。ですから、シャンプーする時も注意が必要です。合成界面活性剤や添加物が入っているものは、避けることをお勧めします。ラウロイルグルタミン酸NaやココイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Naが含まれているものやアミノ酸系洗浄成分配合がお勧めです。

また、洗い方にもコツがあります。まずは、丁寧に髪全体をブラッシングしましょう。こうすることで、汚れやほこりが浮き上がり洗いやすくなります。次にぬるま湯を使って髪と頭皮を洗います。これからがシャンプー本番。たっぷりの泡を作ってから髪全体に馴染ませ、優しく丁寧に洗って下さい。

頭皮をゴシゴシ洗うのは絶対にダメです。洗った後は、しっかりとシャンプーを流すようにします。この際、背中やおでこなどにシャンプーが残っていると、それがまたアトピーを悪化させてしまいますので背中もしっかりと流すようにしましょう。リンスなどは、アトピーが酷い時はお休みする方が安心です。髪の毛に艶やまとまりがない時は、髪の毛にワセリンを使ってみてください。

シャンプー後は、必ず根元までしっかりと乾かすようにしてください。中途半端に乾かしたりそのままねてしまったりすると、アトピーを悪化させてしまうことになります。

クレンジングと洗顔

アトピーを改善する為には、食事内容に注意したり、肌が乾燥しないように日頃から十分保湿するなどのケアも必要です。また、肌の汚れをそのままにして置くのも悪化させてしまう原因。同じく、寝具や部屋の清潔にも十分注意しておく必要があります。

また、女性はメイクを行うことが多いと思いますが、メイクは肌に優しいものを選ぶようにしましょう。化粧水や乳液などは保湿効果に優れているものが良いでしょう。添加物やアルコールが入っていないものがお勧めです。また、化粧下地は避ける方がアトピーの方には良いと言えそうです。なぜなら、アトピーの方が化粧下地を使うと肌に負担をかけてしまうからです。ファンデーションも刺激の少ないものを選び、なるべく薄化粧をするようにしましょう。

クレンジングをする際は、界面活性剤が入っていないものを選び、刺激の少ないものを使うようにしましょう。特に肌の薄い部位である目元は注意しながら優しく行ってください。

洗顔も、低刺激のものを選び、たっぷりの泡で優しく洗うようにします。しっかりと流したら、優しく水分を拭き取るようにしてください。使うお湯は、あまり温度が高くないように注意。洗った後は、時間をおかずにすぐにスキンケアをしましょう。

スキンケア

アトピーの方は、そうではない方と比べて肌のバリア機能が低い状態です。バリア機能が低いと、肌の水分がすぐに蒸発してしまい、肌が乾燥しやすくなります。そのため、激しいかゆみが出てきたりするのです。ですから、丁寧に保湿をする必要があります。

お勧めの成分は、グリセリンやアミノ酸、セラミドやエラスチン、ヒアルロン酸、コラーゲンが含まれている保湿剤です。エラスチンは、コラーゲンを結び付け弾力を与えてくれる働きをしてくれます。ヒアルロン酸は、水分をキープしたり保湿してくれる効果が抜群の成分です。またコラーゲンは、肌の水分をキープしてくれる成分です。入浴した後は、なるべく早めに保湿を始めましょう。特に乾燥が気になる寒い季節は、一秒でも早くスキンケアを行うつもりでやってみることをお勧めします。

アトピーは肌が乾燥している状態。よく耳にする乾燥肌とアトピーは何が違うのでしょうか?この二つは、見分けることが難しい場合もあります。気になる方は、一度皮膚科に足を運んで診察を受けましょう。

このように、保湿がとても大切になります。アトピーは、食事内容や生活している環境などによっても改善したり悪化したりするのですが、肌を清潔でしっとりとさせておくこともとても大切なことです。

アトピーについて

アトピーは、激しい痒みを伴う辛い病。症状が重くなると、掻きむしり肌に傷を作ってしまったり痒くてしっかりと睡眠が摂れなくなってしまったりすることも少なくありません。現在はまだはっきりとした原因が分かっていないのですが、子供だけでなく大人になってから再発する方も多く、最近はそれが増えている傾向があります。その理由は色々考えられます。一つは、食事内容の欧米化です。他にも、睡眠不足や疲労、ストレスなどが原因で再発する場合もあります。ですから、日頃からストレスや疲労を溜めないように工夫することも必要ですし、睡眠不足を避けるようにすることも大切です。

アトピーは、肌の水分と油分がそうではない方と比べて少ない傾向があります。つまり、肌がとても乾燥しているのです。ですから、季節を問わずスキンケアはしっかりと行う必要があります。これは、子供も大人も同じです。汗をかいた時はそのまま放置したりせず、すぐにシャワーなどで汗や汚れを取り除くことも大切。

下着もこまめに取り変えましょう。シャワーの温度は、あまり高くしないことをお勧めします。体が温まるとかゆみが増してしまいます。但し、一日に何度もボディソープを使って洗うのはかえって肌を乾燥させてしまいますのでお勧めできません。シャワーする時は、ただ流すだけで十分です。ボディソープを使うのは、夜一度だけにしましょう。

入浴後は、すぐにしっかりと保湿するようにしてください。ここでは、アトピーケアについて紹介します。是非参考にしてみてください。